• HOME >
  • 手術を受ける方へ

手術を受ける方へ

再生医療(PRP・APS)治療とは

患者様ご自身の血液から作製したPRP(自家多血小板血漿)を患部に注射する治療です。

PRP治療について

PRPとは
血液の中には、傷を治す働きを持つ「血小板」という成分があります。
この血小板を高濃度に凝縮し、活性化させたものが
PRP:Platelet-Rich Plasma(多血小板血漿)です。
PRPにはたくさんの成長因子が含まれていて、細胞の成長を促進する力があります。

当院で使用するPRPは高濃度の白血球を含むL-PRP(Leucocyte-PRP)です。
この力が、人の本来持っている治癒能力や組織修復能力、再生能力を最大限に引き出し、傷んだ靭帯、筋挫傷などの治癒をうながすと考えられています。

対象疾患

ジャンパー膝、テニス肘、ゴルフ肘、野球肘、筋挫傷、アキレス腱炎、肉離れ

*上記の疾患のすべての方が対象とはならない場合もございます。

APS治療について

APSは膝関節症治療に対して行われる治療です。

APSとはAutologous Protein Solution (自己タンパク質溶液)の略で、患者様自身の血液から炎症を抑えるタンパク質(抗炎症サイトカイン)と自然治癒力を促進させる成分(成長因子)を高濃度に抽出したものです。
APSは患者様自身の血液を採取し、特殊な薬剤を加えて、遠心分離機にかけ、抗炎症サイトカインと成長因子を濃縮し出来上がった液体です。
これを患部に注射器で注入します。

対象疾患


変形性膝関節症

*上記疾患のすべての方が対象とはならない場合もございますので担当医にご相談ください。

PRP・APSの特徴

  • 患者様ご自身の血液を使うため、免疫反応がありません。
  • 外来受診のみで入院する必要がありません。
  • 治療の効果・効果の持続期間には個人差があります。
  • 施術時、患部への注入には痛みを伴います。
  • 施術後数日間、治療部位に腫れ・痛み・熱感が出ます。
  • 腫れは治療部位によっては1週間程度続くことがあります。
  • 採血部位・治療部位に皮下出血が起こる場合がございます。

費用について

この治療は日本国内において、まだ保険診療として認めらておりませんので治療を受ける方は自由診療となります。 詳しくは事務にお問い合わせください。(011-871-3660)

PRP治療:80,000円+税

APS治療:250,000円+税

治療の流れ

原則として麻酔の必要がありません。治療は日帰りで終わります。 治療当日の飲酒や入浴はお控えください。

採取
26~55mlの血液を採取します。
血液を装填・遠心分離
採取した血液を遠心分離機にかけPRPを作製します。
PRP抽出

専用キットを用いてPRPを抽出します。
患部(膝関節)へ注入
患部(膝関節)へPRPを注射します。

Q&A

QPRP・APSの治療後は痛みを伴いますか?
A投与後数時間で痛み・腫れを伴い翌日にピークになることが多いです。その後徐々に痛みは和らいでいきます。
QPRP・APS治療は予約制でしょうか?
A完全予約制です。まずは治療対象となるか一度担当医に受診していただきます。
Qヒアルロン酸を何度も注射しているのですが、APS治療も何度か行う治療なのでしょうか?
A海外で臨床試験(治験)を実施している最中ですが、その試験結果からは1回の投与で約1年効果が持続したという報告もあります。(個人差はあります)

当院は再生医療提供機関として厚生局の承認を受けております。

計画番号:
PC1180007(PRP治療)
PB1180009(APS治療)



ページのトップへ

特定医療法人 朋仁会  北新病院

contents

  • 病院紹介
  • 診療案内
  • 医師紹介
  • 担当医表
  • 手術実績
  • 設備紹介
  • 傷病・手術解説
  • 病院ニュース
  • 病院業績
  • 入院案内
  • 問い合せ
  • 協力病院
  • コラム
  • リンク
  • 医療相談掲示板
  • 病院地図
  • 注意事項